FJK法律事務所の理念、業務内容、実績をご紹介しています。

FJK法律事務所 トップ » FJK法律事務所とは

FJK法律事務所とは About Us

迅速かつ丁寧、そして限りなき満足へ。

理念:

弁護士 藤木啓彰

 弁護士になってこれまで、主に、海事、企業法務、一般民事、破産管財等の業務を行ってきましたが、常に迅速、的確を心掛けてきました。困難な裁判事案では、それだけでは足りず、深く考察することももちろん必要ですが、大半の業務はスピードが必要です。それがないと多量の事務はこなせないし、競争にも勝てず、ひいては顧客に満足をもたらすことができません。弁護士はサービス業ですから、顧客に安心も含めたなんらかの実利を提供できないと意昧がありません。
 また、単独事務所の利点を生かして、融通の効くきめ細かで柔軟な対応をしたいと思います。もちろん、大型案件の場合、必要なら他の事務所との提携による業務も可能です。

業務内容、実績:

事務所の様子

1.海事・航空
海難審判(平成9年9月海事補佐人登録)、衝突損害、各種傭船契約、船荷証券、船舶売買契約、船舶管理契約、造船契約、貨物損害、外国海事法、航空関係法等
■主な担当事件
  1. 韓国に輸出中の機械が航海中に損傷した場合、輸出代行業者の債務不履行及び運送業者の不法行為責任が認められた事例(神戸地裁平成22年10月6日判決、判例時報2103号139頁、判例タイムズ1353号210頁、海事法研究会誌212号73頁)
  2. 漁港内において、未明に無灯火で操船中の漁船に対して、航行中の漁船が後方から衝突した事故につき、双方に過失を認め、過失割合を七対三とした事例(和歌山地裁平成26年4月11日判決、判例時報2259号94頁、海事法研究会誌225号64頁、大阪高裁平成27年1月16日判決、同会誌229号38頁)
2.企業法務
労務、経営、コンプライアンス等
■顧問先
海運会社、フレイトフォワーダー、家電メーカー 、医療機器販売、通信設備保守、不動産賃貸
3.一般民事
売掛金等債権回収、相続、交通事故、借地借家、不動産売買、不動産登記等
4.破産管財
裁判所より委嘱され破産管財人として多数経験(具体的業務は不動産売却、売掛金回収、過払金返還請求等)
5.渉外事件
外国人経営の会社の裁判事件、外国人個人の裁判事件、在外外国企業の日本企業に対する裁判事件、外国人の民事法律相談、英文、仏文契約書等